洗顔とスキンケア

洗顔もゴシゴシと行うと肌が乾燥する原因となります。そこで、たくさんの泡で包み込むように洗うことが重要です。目安としては、手が肌に触れないくらいしっかりと泡を立てます。汚れがたまりやすいTゾーンから洗いはじめて、全体が洗えたらぬるま湯で洗い流します。水で洗うと毛穴が閉じて汚れが落ちにくくなりますし、温度が高いと肌を傷める原因となるのでぬるま湯に調整して洗い流しましょう。

洗顔後は、皮脂や天然の保湿成分が肌から少なくなっています。この状態のままでは角質の水分が蒸発しやすくなる原因です。そこで、肌の水分を補うため、化粧水を塗布していきます。保湿効果が高いものを選びたいという時には、ビタミンC誘導体を含んでいると効果的です。塗布する際には手で優しくなじませていきます。顔をたたく人がいますが、これはシミの原因になるので正しくありません。

次に、化粧水の効果を維持させるためにクリームや美容液を塗布していきます。脂性で皮脂が多いという人は化粧水のみにしているという人もいますが、これは正しくありません。化粧水の水分を失わないために過剰に皮脂が分泌している可能性があるのです。そこで、あまり油分が多くない、さっぱりとした使い心地のクリームや美容液を選んで塗布していきましょう。また、肌を冷やすと血管が広がり脂っぽくなることもあるので、化粧水をつけた後は急激に肌を冷やすのを避けた方が効果的です。

化粧水の後に塗布する美容液には、肌のハリを取り戻したりシミやしわの予防をしたりという効果があります。自分の肌質にあった使用感のもの、期待する効果に合ったものを選ぶことが美肌を手に入れるためには重要です。

Copyright © 女性が好むスキンケア方法, All rights reserved.